二重査定という制度は中古車を取扱う業者にとっ

二重査定という制度は中古車を取扱う業者にとっ

二重査定という制度は中古車を取扱う業者にとっては都合が良いものでありますが、利用者にはかなり不利となります。悪質業者にかかると、巧みに二重査定制度を利用して、大幅に査定額を下げることもあります。



トラブルを防ぐためにも、契約を行う前に契約内容を明確に把握すること、大切なのは査定時に車の状態を正確に伝えることです。
この度結婚することになり、車を売ることに決定しました。旦那は、通勤に車を使っていないので、二台も車を持っている必要があまりありません。ローンを利用し購入した車でしたが、すでに完済していて、売ることで生まれたお金は、へそくりとして、大事に保管しておきたいと思います。
消費生活センターには例年、何千件もの中古車関連の不満やトラブルの報告があがってきます。近年はとくに売却(買取)絡みの電話が増加中で、一向に減る気配が見られません。


例えば一括査定サービスを使ったところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、頼みもしないのに訪問査定に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。
おかしいなと思ったら、かならず誰かに話を聞いてもらうことをお勧めします。

中古車の売却においては、走行距離が10万キロを超えているような車の場合、査定を受けても値段がつかないことが多いと思います。

しかし、例外もあります。
例えばタイヤが新しい場合や、十分な車検の期間が残されているなど、なにかしらの値打ちがある車両であれば価値が上がる可能性もあります。



一軒の買取業者で値段がつかなかったとしても、他の買取業者では買い取ってくれる場合もありますから、複数の業者を訪ねるのが良いと思います。
自動車税というものは、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。しかしながら、車を手放すときには、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、月割りで税金を払うのと同じことになるので心配無用です。でも、自動車重量税は査定に加算されることはなく、廃車にでもしない限り還付されるようなことはありません。



しかしながら、税金を支払った月数分の残りの金額を査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。

天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、車のキズなどのアラ隠しになって査定額は高くなる傾向にあるという俗説があります。
けれどもプロほど天候による差異などを熟知していて、むしろ念入りにチェックする傾向もあります。自分で洗車する人ならおわかりでしょうが、洗車して磨き上げた車は晴れた自然光の下では断然見栄えがします。
天気がどうこうという話では昔から短所もあれば長所もあるわけで、そこまで天候にこだわる必要はないでしょう。車の査定をして欲しいけれど、個人を特定するようなことは教えたくないという人も多いのが現状です。



しかし、匿名で車の査定を行うというのは出来ないのです。


メール査定であれば出来るのではないかと思うでしょうが、残念ながら申請に必要な個人情報を入力するので、匿名希望は無理です。
車を査定するなら、必ず個人情報を相手に伝える必要があるのです。車を引き取ってもらう場合には名義変更の書類、手続きが必要となるため、ちゃんと書類を準備しておくことが、大切です。名義を変える手続きの際は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書がいります。



あと、譲渡証明書に印鑑を押すので実印も用意します。


あとで後悔しないために、中古車屋と売買契約を結ぶ際は気をつけなければいけないことがあります。そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。契約書というのはあとになって「よく読んでいなかった」と言っても、本人が署名押印していれば読んで了承したことになり、法的にも有効です。

営業マンの口約束と契約書の内容に差異はないか、特に金額に関する文言はかなり注意して読まなければいけません。口約束は契約書の前には無力ですので、すべて目を通した上でそれで良ければハンコを押すようにしましょう。急かす業者は論外です。


頼んだ買取業者のすべてからタダ同然の値段やゼロ円という査定をされてしまったら、所有者が選ぶ道は2通りあります。



廃車にするまで乗り続けるか、専門業者に買い取りを打診するかです。そのような業者では車をそのまま売ることは稀で、使えるところは分解してでも使うというやり方で利益を得ています。だからこそ普通の業者で断られるような車も値段をつけてくれるのです。廃車手続きもしてくれるので、ダメ元で問い合わせてみるのもアリでしょう。



Comments are closed.