車の買い替えを考えていましたので、去年の夏

車の買い替えを考えていましたので、去年の夏

車の買い替えを考えていましたので、去年の夏ごろに日産エクストレイルを中古車専門業者の買取査定を受けたことがあります。

ネットで一括査定出来るところを探して、最も見積額が高かった業者の方のお話ですと、査定額には、意外にも「季節」が関係しているそうなのです。

具体的な話ですと、私がその時に売ったエクストレイルはアウトドアに向いた車ですので、やはり夏になると需要が高くなるそうなのです。



ですから、高値がつくタイミングとしては、春から梅雨時期だそうなので今後の買取の参考にしようと考えています。



マイカーを廃車にすると還付されるのが自動車税と言われるものですが、実は車買取査定に出した時でも還ってくることをご存知でしょうか。
実際、車を手放すと決めたら、自動車税の残存分を返金してもらうことができることがあります。

逆に中古車を購入する際には、次の年度までの期間に合わせて払う必要があるということですね。
買取店に車を売却する前にしておくべきことは、二つほどあり、とりあえずするべきなのは相場の机上調査です。



これはネット一括査定などを利用すれば簡単です。
中古車の相場に疎ければ、足許を見られて買い叩かれる危険性もないわけではありません。次に大事なのは、車をきれいにしておくことです。

外側は普段と同等で構いませんから、内部を徹底的に掃除するのです。

車の中の臭いというのは本人は気づきにくいものですが、すかさず査定時に減点されてしまいます。

売却予定の中古車を査定するときには、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。しかし、最新モデルの車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、最新式のカーナビでない場合にはグッと高く見積もってもらえるケースはないといって良いでしょう。

そして、同じ理由によってカーナビシステム非搭載の時には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。中古車の売却においては、走行距離が10万キロを超えているような車の場合、業者に査定してもらってもたいていが、買取不可になってしまいます。


ですが、タイヤがまだ新しかったり、車検がまだ半年以上残っているような場合など、何らかの価値がある車を売る場合には、案外、すんなりと売却できる場合もあるので、諦めてはいけません。一軒の業者の結果で諦めず、いくつかの業者に問い合わせてみるのが良いと思います。
二重査定制度というのは中古車取扱業者においては制度としては好都合ですが、利用者においては非常に不利な制度です。悪質な業者に当たると、巧妙に二重査定という制度を利用して、かなり査定額を下げるリスクもあります。
二重査定制度におけるトラブルを回避するためにも、契約をする際に契約書にしっかり目を通すこと、査定時に正しく車の状態について伝えることが大切です。マイカーを売却する時に、早々に、お金を受け取りたいなら、現金で車買い取りしてくれる業者をチョイスする必要があります。現金買取の会社なら、査定後、車買取契約が成立した場合には、直ちに支払いをしてもらえます。


ただ、そのためには必要な書類を前もって準備しておかなくてはいけません。持っているマイカーの売り方について自分の意見を書いてみました。


車の室内をきれいにそうじしたり洗車をして見栄えをよくしておくことが一番です。走行距離が多いと市場価値が低くなってしまうので、手放したいと思ったら近いうちに売却することを考慮したほうがいいと思います。
もう動かない車がどこの中古買取業者でも売れるとは限りません。



買い取ってくれない買取業者も確かにあるでしょうから、用心してください。そうかと思えば、走行不能者や事故車、水没車などの車を、どんどん買い取ってくれるような専門業者も存在しているのです。専門業者に買ってもらえれば、価値のないように見える車でも高値で買ってもらえるかも知れません。車両の売却の時は、出来るだけ、高額な価格で買い取りをしてもらいたいものです。その時には、注意すべきことがいくつかあります。
それは、査定をする担当の人に嘘を言わないことです。相手は専門の査定士ですから、あなたの嘘やいつわりはいとも簡単にわかってしまいます。嘘を話してもいいようになるどころか、イメージが悪くなってしまい、マイナス点となってしまいます。

Comments are closed.